「個」を伸ばし生かす教育をともに考える

2021年8月28日(土) 16:0018:00

スクリーンショット 2020-04-14 17.48.33

 

2015年に内閣府が実施した青少年意識調査で、日本の約半数の子どもたちは自分自身に対して自信を持てていないことが明らかになりました。また、学校教育においては「新しい学力観」が提唱され、テストの点数だけではなく、生徒の学ぶ「意欲」・「関心」の評価が重視されるようになり、個人の「特性」を伸ばす教育の実践と評価が主流となってきています。

一方、こうした特性の見極めは容易ではなく、また、その評価の多くが先生個人の主観的裁量に任せられていることも「子どもたちのための」評価を実現する上で、大きな課題となっているのが現状ではないでしょうか。

そこで、子どもたちに関わる指導者・保護者を対象に研修会を行い、子どもたちの多様性を見極め、「個」を伸ばすためにはどのような視点を持ち、どのような環境や声掛けが必要なのかを整理したいと思います。

突出した「個」を伸ばすサッカーを標榜し育成を行ってこられた風間八宏氏には、サッカー人材育成についての哲学とともに、子どもたちの特性をどのような視点で見出し、その成長をどのように支援すればいいのかについてお話しいただきます。また、長谷川大先生(山梨学院高等学校 サッカー部 監督)、井上志音先生(灘中学・高等学校 教諭)には、教科指導・部活指導の観点から学校における実践をご紹介いただく予定です。

「個」を伸ばす教育の実現に向けて、多くの先生方と保護者の皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

■イベント概要

第8回 生徒の資質・能力の育成とその適切な評価の実現に向けて
~「個」を伸ばし生かす教育をともに考える~

 

■日程

2021年8月28日(土) 16:0018:00

 

■内容

第1部:児童・生徒の特性を可視化する「Ai GROW」のご紹介 

第2部:パネル・ディスカッション その1
   テーマ:生徒の特性を生かした「見えない学力」を伸ばす教育とその評価

第3部:パネル・ディスカッション その2
   テーマ:子どもたちの特性を伸ばすために必要な視点とアプローチ

パネリスト:
風間八宏氏(セレッソ大阪アカデミー 技術委員長)
長谷川大先生(山梨学院高等学校 サッカー部 監督)
井上志音先生(灘中学・高等学校 教諭)
髙橋一也先生(神田外語大学 客員講師、IGS株式会社 研究員)

 

パネリスト紹介

kazama

風間八宏氏(セレッソ大阪アカデミー 技術委員長)

静岡県出身。静岡市立清水商業高等学校時代に日本ユース代表として1979年のワールドユースに出場。筑波大学在学時に日本代表に選出される。卒業後、ドイツのレバークーゼン、レムシャイトなどで5年間プレーし、1989年にマツダ(現サンフレッチェ広島F.C)に加入。日本人選手Jリーグ初ゴールを記録。現役引退後は桐蔭横浜大学サッカー部、筑波大学蹴球部、川崎フロンターレ、名古屋グランパスの監督を歴任。子どもから大人まで一緒に練習する「スペトレ」の全国展開を行いながらサッカースクール「トラウムトレーニング」の代表を務めるなど、独特の技術論とメソッドでサッカー選手が楽しく伸びる指導に心血を注いでいる。20211月よりセレッソ大阪スポーツクラブ技術委員長を務める。

 

hasegawa

長谷川大先生(山梨学院高等学校 サッカー部 監督)

秋田県出身。中央大学を卒業後、秋田市立秋田商業高等学校に商業科教員として赴任し、サッカー部のコーチ・監督を務める。2004年から監督として選手権に6度出場。仙台育英学園高等学校の外部コーチ、福井県立丸岡高等学校の臨時コーチを務めたのち、2014年より神奈川大学の監督、神奈川大学監督時代には現日本代表MF伊東純也、J2京都サンガF.C. MF武田将平、J1浦和レッドダイヤモンズMF金子大毅らを輩出した。2019年より山梨学院高等学校サッカー部の監督に就任。就任2年目となる2020年度の全国高校サッカー選手権大会で同校を11年ぶり2度目の優勝に導いた。

 

inoue

井上志音先生(灘中学・高等学校 教諭)

灘中学校・高等学校 国語科教諭。神戸大学・立命館大学大学院 非常勤講師。専門は国際バカロレア(IB)教育をふまえた教科教育学。日本IB教育学会の理事、および高校国語科教科書の編集委員も兼任。著書に『「知の理論」をひもとくーUNPACKING TOKー』(共著、ふくろう出版)などがある。

 

takahashi

髙橋一也先生(神田外語大学 言語メディア教育研究センター 客員講師、IGS株式会社 研究員)

神田外語大学言語メディア教育研究センター客員講師(常勤)。Institution for a Global SocietyIGS)株式会社 研究員。慶應義塾大学大学院、米・ジョージア大学大学院でインストラクショナルデザインを研究(全米優等生協会選出)、蘭・ユトレヒト大学大学院で認知心理学を学ぶ。2008年より都内の私立学校の英語教諭として勤務し、2016年度より中学教頭を務める。2016年には日本人として初めてグローバル・ティーチャー賞の最終候補に選出される。現在、日本全国の学校で授業力向上の支援にも力を入れている。

 

■対象

・学校(小学校・中学校・高等学校・中高一貫教育校・大学)の先生

・教育委員会の先生・ご担当者様

・保護者の皆さま

 

参加費・定員

・参加費:無料
・定員:300名

■受講環境

・学校の先生および教育委員会の先生・ご担当者様:Zoom(オンライン配信のプラットフォーム)

・保護者の皆さま:YouTubeライブ配信 

受講可能環境:パソコン、スマートフォン、タブレット

 

■その他

・企業の方からの参加申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

・過去開催のセミナーレポート記事はこちらからご覧いただけます。
https://blog.aigrow.jp/article

■セミナーお申し込み方法

先生方と保護者の皆さまでお申し込み方法は異なります。お間違いのないよう、お申し込みください。

・学校の先生および教育委員会の先生・ご担当者様

本ページ下部のフォームからお申し込みください。

 

・保護者の皆さま

こちらからお申し込みください。

 

学校の先生および教育委員会の先生・ご担当者様専用お申し込みフォーム