12月IGS教育フォーラム サムネイル

 

 

学習指導要領の改訂により、「生きる力」や「学びに向かう力」など、さまざまな非認知能力の育成が求められています。また、これに伴い、学習評価も3つの観点((1)知識・技能、(2)思考力・判断力・表現力等、(3)主体的に学習に取り組む態度)で行うことになった一方、非認知能力の育成と評価に苦慮されている先生は少なくありません。

では、非認知能力の成長をいかに促し、子どもたちの成長を多面的に、そして適切かつ公平に評価していけばよいのでしょうか。

本フォーラムでは各分野の有識者のお力をお借りし、2日間にわたって「学習者のための評価」に必要となる視点や環境、アプローチとともに具体的な方策について整理していきたいと思います。

子どもたちに関わる先生方と保護者の皆さまがいちどうに会する本フォーラムが、「評価」に関わるマインドセットの見直しを図り、未来ある子どもたちの自律と幸せにつながる「学習者のための評価」の実現に向けた学びの機会になることを願っております。

 

■イベント概要

子どものウェルビーイングを高める評価とは?
IGS教育フォーラム 2021

■日程
1日目:2021年12月17日(金) 16:00〜18:30
2日目:2021年12月18日(土) 14:00〜16:30


■内容
【1日目(12月17日)】

開会挨拶・「Ai GROW」のご紹介

第1部:<基調講演>脳から Well-being を育むポイントを覗いてみる(事前収録)
青砥瑞人様(応用神経科学者、株式会社DAncing Einstein 代表)

第2部:自律した学習者を育てるドルトンプランに基づく教育
荒木貴之先生(ドルトン東京学園中等部・高等部 校長)

第3部:個人の学習歴を重視した人材採用(鼎談形式)
正岡晴恵様(三井住友信託銀行 人事部 採用チーム長)他



【2日目(12月18日)】

開会挨拶・「Ai GROW」のご紹介

第1部:<基調講演>非認知能力は伸ばせるのか?
中室牧子先生(経済学者、慶應義塾大学 総合政策学部 教授)

第2部:評価の文化を育む~国際バカロレアの評価の視点から~
藤野智子先生(東京学芸大学大学院 教育学研究科 准教授

第3部:教育DXによる学習歴の活用可能性(対談形式)
江川昭夫先生(森村学園中等部・高等部 校長)



■講師紹介
【1日目(12月17日)】

aoto_2-1

青砥瑞人様(応用神経科学者、株式会社DAncing Einstein 代表)

小中高は野球漬け。高校は中退。しかし、脳の不思議さに誘引され米国大学UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の神経科学学部を飛び級卒業。神経科学を心理学や教育学などとコネクトし、人の理解を深め、その理論を応用、また実際の教育現場や企業とコネクトし、人の成長やWell-beingのヒントを与えられたらと、2014年にDAncing Einsteinを創設。対象は、未就学児童から大手役員まで多様。空間デザイン、アート、健康、スポーツ、文化づくりと、神経科学の知見を応用し、垣根を超えた活動を展開している。また、AI技術も駆使し、NeuroEdTech/NeuroHRTechという新分野も開拓。同分野にて、いくつもの特許を保有する「ニューロベース発明家」の顔ももつ。近年では、海外や国連関連のイベントでの講演活動に加え、大手企業やNPO、教育機関と連携、提携し、新しい学び方、生き方、文化づくりに携わる。著書に『HAPPY STRESS ストレスがあなたの脳を進化させる』(SBクリエイティブ)、『4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中』(KADOKAWA)、『BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『最新の脳研究でわかった! 自律する子の育て方』(SBクリエイティブ)などがある。



araki

荒木貴之先生(ドルトン東京学園中等部・高等部 校長)

博士(情報科学)。公立中学校理科教諭、東京都教育庁指導主事、立命館小学校副校長、追手門学院参与、河合塾主席研究員、武蔵野大学教授等を歴任し、現在はドルトン東京学園中等部・高等部校長、情報経営イノベーション専門職大学教授を務める。研究領域は、ネットワーク上における調整学習、国際教育。文部科学省ICT活用教育アドバイザー、経済産業省「未来の教室」アドバイザー等の社会貢献活動にも従事している。

 

masaoka

正岡晴恵様(三井住友信託銀行 人事部 採用チーム長)

大学卒業後、新卒で入社した企業は4カ月もたず退職。無職の時期を経て、2001年に旧住友信託銀行に入社。当時の採用チーム長に「君にもう一度舞台をあげる」とメッセージをもらい、入社後は個人向けの資産運用と資産管理のコンサルティング業務、プライベートバンキング業務、営業店のマネージャーを経験。2017年より人事部で社員育成、人事運営に従事し、2020年からは自らの入社を後押ししてくれた当時の採用チーム長と同じ立場で、「Financial Well-Being with The TRUST BANK」を掲げ、日々、就職活動中の学生と向き合う。プライベートでは、中学2年生の男子と小学3年生の女子の母親として子どもと対峙する毎日。


【2日目(12月18日)】

nakamuro

中室牧子先生(経済学者、慶應義塾大学 総合政策学部 教授)

1998年に慶應義塾大学を卒業後、日本銀行等を経て、2010年にコロンビア大学でPh.D.。専門は教育経済学。2013年から慶應義塾大学総合政策学部准教授、2019年から現職。2021年からデジタル庁のデジタルエデュケーション統括なども務める。

 

fujino_3

藤野智子先生(東京学芸大学大学院 教育学研究科 准教授

東京都公立・私立高等学校外国語科教諭、東京学芸大学附属高等学校大泉校舎教諭、東京学 芸大学附属国際中等教育学校教諭、副校長兼東京学芸大学特命教授等を経て現職。国際バ カロレア教育を実践し、2019年度より東京学芸大学大学院教育学研究科(教職大学院)に おいて国際バカロレア教員養成に取り組む。2021年度より同大学次世代教育研究推進機構 高校探究プロジェクト委員を務める。編著書に『国際バカロレア教育と教員養成 未来をつくる教師教育』(学文社, 2020)がある。

 

egawa_2

江川昭夫先生(森村学園中等部・高等部 校長)

英語教師として現場で英語教育に力を注ぎ、自ら原動力となった「英検まつり」、英語力強化を軸に展開する「学習転移メソッド」、グローバル人材育成を推進する「イマージョン教育」「先進的留学制度」など、意欲的なプログラムを成功に導くなど、英語初期学習者の効率的学習法から海外子女帰国後の英語力の維持発展まで英語教育全般における実績に定評がある。佼成学園女子中学高等学校、佼成学園中学校・高等学校で英語科教諭、教頭を勤め、21世紀型教育の導入などの学校改革に取り組んだ。2016年には学校法人聖母被昇天学院の常任理事に就任。翌年からは同学校法人のアサンプション国際中学校高等学校の校長。学院の幼・小・中高での英語一貫教育構築リーダーを務め、2019年より現職。21st CEO(21世紀型教育機構)創設メンバー。

■対象
・学校(小学校・中学校・高等学校・中高一貫教育校・大学)の先生
・教育委員会の先生・ご担当者様
・保護者の皆さま

■受講料・定員
・受講料:無料
・定員:300名

■開催形式
・Zoomウェビナー

■受講環境
パソコン、スマートフォン、タブレット

■その他
・企業の方からの参加申込は受け付けておりませんのでご了承ください。
・過去開催のセミナーレポート記事はこちらからご覧いただけます。
https://blog.aigrow.jp/article

■セミナーお申し込み方法
●学校の先生および教育委員会の先生・ご担当者様
以下の専用フォームからお申し込みください。

●保護者の方
以下のURLをクリックし、Peatixからお申し込みください。
https://igs-forum2021.peatix.com/

 

児童・生徒の強みを発見する「Ai GROW」をもっと知る →